低コストで治療

台に設置された点滴

身体の不調を感じたときに、最も頻繁に利用するのが地元の内科クリニックである。特に症状が軽い場合には、地元の内科医の診察と薬の処方で、症状が緩和可能な点が魅力的である。また地元のクリニックを上手に活用するためには、健康診断などを通じて必要に応じて医師から生活指導を受けるのが理想的である。特に中高年の人たちの場合には、内科クリニックでの検査を通じて、生活習慣病を早期に発見することが可能である。症状が軽いうちに生活習慣病の諸症状を見つけることで、食事制限や運動療法を通じて症状を緩和することも可能であろう。そのために大きな病院での治療が不要なケースも多く、少ない費用で健康管理が行えるメリットも大きいであろう。

地元の内科クリニックは、軽い症状の治療を行うとともに、大きな病気の早期発見の役割も持っているのが特徴的である。特に最近では症状に合わせて医療機関が連携するのがトレンドなので、症状に応じて大学病院などを紹介してもらえるであろう。また高齢化が進んでいる地域が多いので、高齢者特有の症状への対応を積極的に進める内科クリニックも増加傾向である。その中でも呼吸器系の疾患や循環器系の疾患の治療と症状の管理に積極的に関わるのが最近のトレンドであろう。また通院が困難な高齢者も増えているので、定期的に訪問診療を行うのが最近のスタイルである。そして訪問診療の分野では、内科だけではなくて可能な限り幅広い疾患に対応するのが近年の特徴であろう。